关于白江口之战的研究[日语毕业论文]白村江の戦いに関する研究
文档价格: 2000金币立即充值 包含内容: 完整论文 开题报告 文献综述 文章语言: 日语
文章字数: 13453 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2017-11-29
文章简介: 加入收藏

关于白江口之战的研究[日语论文]白村江の戦いに関する研究

摘  要
中国和日本自古就是一衣带水的邻国。早在七世纪,东亚的形式就发生了巨大变化,当时的东亚属中国的实力最强,朝鲜半岛的高句丽,百济和新罗三国鼎立。663年8月,在朝鲜半岛爆发了白江口之战,白江口之战给唐朝,日本和朝鲜半岛带来了很大的影响。本论文主要以战前的东亚形势,战争的状况和战后的东亚形势变化三大方面进行研究分析。战后的朝鲜半岛实现了大统一,战败的日本选择远离战场,一心推进革新。白江口之战对于朝鲜半岛以及中日关系发展都有着积极深远的影响。

关键词:白江口之战  唐朝  日本 朝鲜半岛

要  旨
中国と日本は古代から今まで一衣帯水の隣国である。七世紀の東アジア情勢は巨大の変化があった。当時の東アジアは中国の勢力が一番強く、朝鮮半島は三国鼎立であった。663年8月に白村江の戦いは朝鮮半島で起こった。白村江の戦いは唐朝と日本と朝鮮半島に対して大きな影響をもたらした。本論は白村江の戦い以前における東アジア情勢、戦争の状況と戦後の東アジアに対してもたらす情勢変化の三つの視点から研究する。戦後の朝鮮半島は統一を実現した。同時に、敗れた日本は戦場から遠く去り、自国の改革を行っていた。白村江の戦いは東アジアの情勢に対して変化をもたらした。唐と日本と朝鮮は友好的で安定した関係になった。東アジアの発展に有利な要因となった。

キーワード: 白村江の戦い 唐朝 日本 朝鮮半島

上一篇:有关齐明(皇极)天皇的研究[日语论文]斉明(皇極)天皇に関する研究
下一篇:从松下公司看日本企业管理的7S模型[日语毕业论文]
相关文章推荐: