草根NGO在地震中的救援活动的中日对比[日语毕业论文]
文档价格: 2000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
文章字数: 10985 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2017-11-28
文章简介: 加入收藏

草根NGO在地震中的救援活动的中日对比[日语论文]
「草の根NGO(NPO)」が地震における救援活動の中日比較
摘  要
2008年的汶川大地震中,中国内地草根NGO的救援活动因为其及时有力,受到各界关注。这是草根NGO发展史上重要的一笔,也有人效仿日本的“NGO元年”(神户大地震发生的1995年)将2008年称为“中国的NGO元年”。但是除了很多亮眼的表现以外还有很多值得深思的地方。如何去进一步的发展NGO,提高其在地震救援中的能力,还要向作为地震多发国且民间组织活跃的日本学习。
关键词:草根NGO和NPO;汶川大地震;日本的民间组织;311东日本地震;救援活动
「草の根NGO(NPO)」が地震における救援活動の中日比較
要  旨
2008年に発生した四川大地震に中国の「草の根NGO(NPO)」が初めて全国に注目されるほど優秀な行動を表した。日本が「阪神大地震」の1995年が「NGO元年」と呼ばれたように、2008年を「中国のNGO元年」とする学者がたくさんいる。しかし、不足点もたくさんある。一方、隣国の日本は地震多発国であるから、政府も民衆も震災に救援活動に関する豊富な経験がある。中国の「草の根NGO(NPO)」がこれから発展しようとするなら、日本の民間組織に勉強すべきなことがたくさんあると思う。
キーワード:草の根NGO(NPO)、四川大地震、日本の民間組織、東日本大震災、救援活動

上一篇:对于中日两国大学生关于课余兼职的意识调查[日语论文]
下一篇:日本高龄化对策对中国养老保障的启示[日语毕业论文]
相关文章推荐: