从“剩女”现象看日本女性婚恋观的变化[日语毕业论文]
文档价格: 2000金币立即充值 包含内容: 完整论文 开题报告 文章语言: 日语
文章字数: 10031 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2017-11-28
文章简介: 加入收藏

从“剩女”现象看日本女性婚恋观的变化[日语论文]+开题报告
「負け組女」の現象から日本女性の結婚観の変化を見る
要  旨
結婚観は国を問わず、全世界では注目されている話題である。日本はもちろん、イギリス、フランス、中国などの国々では結婚観に関する名作が多くある。イギリスの小説家ジェーン・オースティンの書いた名作『プライドと偏見』では、当時の女性の結婚観がよく叙述されている。そして、日本の名作、『源氏物語』の多くの章節では、女性の恋愛感覚と結婚観に関連する内容も多い。
結婚観は時代とともに絶えず変化している。異なった社会体制と男女の社会地位では、異なった結婚観が生じる。近代に入り、婚姻が法的に進んだ。たとえば、1871年に身分を越えた結婚が自由になり、また1873年には妻からの離婚請求権が認められるようになった。戦後、新たな憲法が制定された。当事者の合意による婚姻制度と夫婦家族制が基本になった。その結果、結婚に関する考え方も多様化になり、昔のないライフスタイルが数多く現れてきた。平均結婚年齢が上昇し、また離婚率も高くなっている。女性の高学歴化に伴い、社会進出も顕著になり、結婚の有無によらず生涯、職を持ち続けたいという女性も増えている。こういう女性は、いつも「負け組女」と呼ばれている。 
この論文は、日本の女性の結婚観を中心に、時代によってその変化とその変化の下で生じた現象の一つ、つまり「負け組女」の現象から、日本女性の結婚観の変化を研究する。
キーワード:結婚観;恋愛;変化;多様化;負け組女

上一篇:浅析宫崎骏动漫电影中的人文色彩[日语论文]宮崎駿アニメ映画の人文色彩について
下一篇:浅谈日本食育以及对中国的影响[日语毕业论文]
相关文章推荐: