软银在日本通信业的战略分析[日语论文]
文档价格: 1000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
文章字数: 7012 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2017-11-28
文章简介: 加入收藏

软银在日本通信业的战略分析[日语论文]
日本通信業界におけるソフトバンクの戦略分析

摘  要
软银股份有限公司是持有日本的手机等电子通信公司,互联网相关企业等的持股公司。作为手机电话通信业者拥有世界第三的销量。作为中坚产业的移动通信产业占有利润的六成,并且其他产业也同与固定电话,网络通讯等相关的基础建设,互联网文化建设等事业密切相关。但是,从2006年进入移动通信领域,仅仅10年就取得了令人瞠目的快速成长,这背后到底隐藏了怎样的秘密?通过本研究,将分析软银在日本移动通信市场中的战略,并查明这个问题的真相。

关键词  软银;通信产业;经营战略;快速成长

要  旨
ソフトバンク株式会社は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。携帯電話通信事業者としては世界3位の売上高を持つ。中核事業は移動体通信事業で売り上げの6割を占め、またその他の事業も固定電話やインターネットに関わるインフラ事業、インターネット・カルチャー事業から来ている。しかし、移動体通信事業において2006年からの参入により、わずかの十年間驚くほどの急成長の背後に、一体何の秘密が秘めているのか。本研究を通じて、日本の移動体通信市場におけるソフトバンクの戦略を分析し、その答えを究明しようと考えている。

キーワード ソフトバンク;通信産業;経営戦略;急成長
 

上一篇:日本便利店业的商业服务研究[日语论文]
下一篇:中日网上商务模型的比较研究[日语论文]
相关文章推荐: