论武士和日本经济的关系[日语论文]武士と日本経済の関係について
文档价格: 2000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
文章字数: 8855 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2017-11-28
文章简介: 加入收藏

论武士和日本经济的关系[日语论文]
武士と日本経済の関係について
要  旨
武士は日本では特別な階層であった。平安末期から明治維新までの約八百年間は身分制度のトップ階層であって、政権を握っていた。武士は中近世日本の事実上の支配層と日本封建社会の支柱でもあった。武士についての研究が少なくないが、武士と経済との関係,即ち武士の経済的な存在の意味に言及する専門の本や論文は少ないようである。本論は武士の「経済的存在」を通して、武士は単なる武者的な存在ではなく、経済発展とも深い関係あるという新しい視点よりスタートし、日本封建社会を統治し続けた武士階層のあまり知られない面を検討し、その本当の姿を明らかにしたつもりである。
キーワード:武士;経済;経済関係;武士道;経済観
目  次
要  旨
はじめに5
第一章 武士の生存環境の発生と存在する経済的原因6
1.1 荘園制の興起のおかけで6
1.2 武士は武力を使って経済資源を奪う6
第二章 出現から消滅までの武士の経済地位7
2.1 初期武士用心棒であり、統治層であり、生産活動にも参加できる7
2.2 豊臣秀吉時代前、武士は適当に農業生産に参加し、工匠と商人にもなれる7
2.3 豊臣秀吉の時から、武士農民から離れ7
2.4 江戸後期、上層武士企業を経営・管理し、下層武士日本の資本主義引き取る8
第三章 武士の経済観念8
3.1 武士の節約8
第四章 武士が日本経済にもたらした影響8
4.1 武士形成初期、生産を守る8
4.2 鎌倉時代、武士は農商とも支持する9
4.3 豊臣秀吉時代、武士生産に影響弱まり9
4.4江戸時代、武士は商人を嫌う9
4.5 明治維新後9
第五章 武士道が日本経済にもたらした影響10
5.1 武士道から現代経済論理への進化10
5.2 武士道が日本経済論理にもたらした影響10
結論11
参考文献
謝  辞

上一篇:关于中国电子竞技产业的研究[日语论文]中国イースポーツ産業について
下一篇:日本化7-11便利店的成功原因研究[日语论文]
相关文章推荐: