• [开题报告]京劇と歌舞伎に関する比較研究_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 中国の京劇と日本の歌舞伎は共に人類文化の宝庫で、各種類の芸術の真髄を集まったところだと言える。歌舞伎と京劇は集中的に民族の文化素養が体現できる。数百年ほどの長い歴史を持っている。歌舞伎と京劇は社会の経済、政治、文化など諸要素の変化につれて盛衰していたからこそ、歴史のもっとも真実で生き生きとしている記載とも言える。 本...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]中日における飲酒文化の比較研究_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 中国と日本は昔から縁ある隣国といわれ、同じアジアエリアの二つ重要な国同士として、歴史の長い中国からいろいろな物が日本へ伝わっている事により、両国は経済、文化等について深い繋がりを持っている。但し、長い交流も持つ隣国ではあるが、それぞれ違う文化を持ち、日常生活の営みも異なっている。本論では、両国の交流が盛んに行われて...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]日本女性社会地位の変遷に関する一考察_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 七十年代から現在まで日本女性の社会地位がどんどん高くなってきた。この状況は日本社会に大きな影響を与える。以前、日本女性といえば、家事とか子供の養育などの役割だけを持っていると思われていた。でも、今日本女性は政治、社会の分野でも活発している。日本人民は生活水準が高めているとともに、女性の意識も大きく変化した。それに、...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]『羅生門』におけるエゴイズムについて_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 芥川龍之介は日本大正文壇の「新思潮派」の代表作家である。彼の小説は、題材と内容も芸術の構想もすべてそれぞれ特色がある。したがって、日本文壇で彼は「鬼才」と呼ばれている。彼の作品は主に現実を説明し、複雑な人間性を探求する。その中で、『羅生門』は芥川文学の出発点ばかりでなく、人口に膾炙されている作品である。本稿では、芥...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]「きっと」と「かならず」の比較研究_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 副詞は習得が難しい。副詞は同じようであっても、実は微妙な区別がある。中国人日本語学習者は日本語の「きっと」と「かならず」の使い方をまなんでも、「きっと」と「かならず」についていったいどういう区別があるかよく把握できないかもしれない。本論文では日本語の「きっと」と「かならず」の比較研究をして、概念、認知体系における異...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]招き猫から日本人の猫に対するイメージを見る_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 猫は日本民族の最も好きなペットの一つで、日本人の心の中で特殊な地位を持っている。日本人は長期にわたる生活の中で一種の独特な猫文化が形成された。猫文化とは、日本民族が猫との共同生活経験から創造した豊富多彩な猫の像とその変遷というものだと思われる。「招き猫」はその一つである。日本の商店やお寺によく前足で人を招く形をした...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]大津いじめ事件から見る日本のいじめ問題_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 最近、日本のいじめ事件が深刻な社会問題になってきた。この問題は特に中高学校で発生しているので、まだ精神的に不健全な生徒たちに大きな悪影響を与えている。被害者の一生に影響を与えるかもしれない。だから、中高学校では特にこのいじめ問題を重視しなければならない。中国ではまだ少ないが、やはり存在している。日本を例として、何か...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]中日の建築文化の比較_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 建築は人間社会の発展の必然の結果として、世界各地の建築はそれぞれ異なり、各自の特色をもっている。中日建築の比較研究を通じて、日本建築の歴史と特徴を理解し、両国の建築文化について理解を深めることができる。建築の芸術性が評価される中、それによる観光も増加され、一定の経済効果ももたらしている。両国の建築についてよりよく知...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]日本人の自然観に関する一考察_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 自然に恵まれた日本の人々は自然を大切にし、自然への感謝の気持ちを持ち、常に自然との調和を求めているのである。日本人の自然観は歴史の流れにつれて、だんだん形成されてきた。日本人の言葉、衣食住や伝統芸術など全部自然観に深く繋がっている。日本人の自然観を分析することは日本人の自然への考え、また日本文化の一端を理解すること...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]企業における年功序列に関する考察_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 年功序列は欧米企業と異なった日本企業の大きな特徴である。第二次世界大戦後、年功序列の巨大な優位性に恵まれて、日本の経済が迅速に発展し,ひいては世間に注目を浴びられるようになってきた。しかし、世界経済状況の変動によって、年功序列という日本型経営の特徴も次第に変わりつつある。その年功序列が日本企業における役割、変容及び...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]日本語の省略表現から見た日本文化_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 日本人は日常の言語生活で、無意識に省略表現を使っている。だが、外国学習者は日本人とのコミュニケーションにおいて、省略表現で誤解がたびたび起こられる。そのため、省略背後の文化を理解することは大切である。 日本文化を理解して日本語の省略表現をよりよく把握できる。なお日本民族や日本人への理解など及び異文化間のコミュニケーシ...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]『坊っちゃん』における教育制度への批判_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 夏目漱石は近代日本文学史で名高な作家で、国民大作家と呼ばれている。『坊っちゃん』が漱石の初期の作品である。この作品は憤怒し、馬鹿にした笑で腐って暗んだ教育制度に呪いをして、知識が尊重されないことで憤りのために心か穏やかでない。ですから、日本文学でもっとも人気のある小説である。本文は小説の中の教育制度を探し出して作家...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]「思う」の使い方について_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 日本語を使っているうちに、思考の動詞「思う」及びそれに関する各活用の使用頻度は非常に高い。また、場合によって妥当な文型を選択しなければならない。国内外に「思う」の使い方を探求する人が多い。例えば、高橋圭介の『引用節を伴う「思う」と「考える」の意味』、曲鳳鳴が『「~と思う」と「連用修飾語+思う」の区別』…日本語学習者は...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]桜から見た日本人の美意識_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 桜は日本の国花である。桜は日本美学符号の一つである。しかし、桜が反映している美意識は日本の二千年あまりの歴史の中で不変のものではない。日本は美しさを求めている民族だと思ている。その美しさはいつも精神的境地と繋がっている。桜から日本人の美意識を考察し、その中に習ぶに値することが多いと思うことから、この題目を選んだ。 二...

    更新时间:10-14
  • [开题报告]日本の戦後教育について_日语论文开题报告

    一、论文选题的意义 教育は国の発展の基本としての存在であり、人々の品質の提升、政治と経済の発展においでは、重要な機能がある。戦後教育は日本の戦後復興と経済成長を遂げた要因の一つだと思われる。それで、本稿は日本の戦後教育の内容を分析しながら、その功罪を考察したいと思う。本稿の考察を通して、日本の戦後教育をもっと理解できると思う。中国の教...

    更新时间:10-14