日本文化财产的保护-以唐招提寺为中心[日语毕业论文]
文档价格: 2000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
文章字数: 8584 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2017-11-28
文章简介: 加入收藏

日本文化财产的保护-以唐招提寺为中心_日语论文

日本文化財保護について-唐招提寺を中心に

要旨

古代日本は中国周辺の多くの民族と同じに、中国の文明を受け入れて成長した。中でも重要な時期は唐代で、この時期に日本仏教や儒教、律令や都城制などを本格的に摂取し、日本文化の発展の基礎を築いた。唐招提寺は遣唐このような背景の中で建立した。平安時代以後、一時衰退したが、何回を渡っての修繕して歴史の文化価値を守られた。本論文は、まず唐招提寺の建設を述べたい。それから、唐招提寺何回を渡っての修繕について紹介する及び唐招提寺の修繕理念について詳しく分析する。最後は、唐招提寺の修繕はわが国への意義を分析してみたい。自分の考査を通して、日本の文化財保護の理念を読者たちに意識させ、実践に移すことができればわが国にとって現実的な意義があると思う。

キーワード:唐招提寺  文化財  意義 修繕 

目次

摘要

要旨

はじめに    1

1.唐招提寺の創建    1

1.1唐招提寺創建の背景    1

1.2唐招提寺の構造    3

2.唐招提寺の修繕    4

2.1四回の修繕    4

2.2平成の大修理    5

3.日本文化財建造物への重視    7

4. わが国への啓発    8

終わりに    8

参考文献    9

謝辞

上一篇:内藤湖南中日文化同源论对两国文化交流的影响-以19世纪末为中心[日语论文]
下一篇:中日灯笼文化的比较-以灯笼节为中心[日语毕业论文]
相关文章推荐: