由和扇文化看日本人以小为美的审美意识[日语论文]
文档价格: 2000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
文章字数: 8219 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2017-11-28
文章简介: 加入收藏

由和扇文化看日本人以小为美的审美意识_日语论文
扇文化から見る「小さい物を美とする」日本人の美意識
要  旨
日本文化には多くの代表物がある。たとえば、桜、着物、茶道は誰にも知ている有名な代表物で、多くの学者も彼らをめぐて様々な研究がしている。扇もその中に不可欠な一つである。小さくて細工の特徴をもって、世に名を知られる。日本人の独特な审美理解と民族の静かな本質を体現される。しかし、扇に関する文章はしばしば彼の外観と分類を紹介して、更に深く研究はない。だから、扇を中心に発展歴史と革新の研究する過程と日本人の独特な審美観を結び付けて、日本人の審美趣と生活に対する情熱をますます理解する願望が持ている。
キーワード:扇;美意識;小さい;日本文化
目  次
謝  辞     I
要  旨     II
1 はじめに     1
2 扇文化について    2
2.1扇文化の起源および発展    2
2.2扇文化の種類    3
2.3扇文化の用途    3
2.4扇文化の現状    4
3 「小さい物を美とする」審美観について    5
3.1審美観の概説    5
3.2審美観の形成原因    5
3.3審美観の特徴    6
4  扇文化から審美意識に対する影響    7
4.1生活における影響    7
4.2文化における影響    7
5 まとめ    9
参考文献     10

上一篇:演歌和日本之心[日语毕业论文]演歌と日本の心
下一篇:中日颜色文化比较[日语毕业论文]中日色彩文化の比較
相关文章推荐: