从电影《入殓师》看日本葬式文化[日语论文]
文档价格: 2000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
文章字数: 8522 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2017-11-28
文章简介: 加入收藏

『おくりびと』から見る日本の葬式文化_日语论文
要  旨
『おくりびと』は2008年の人気な日本映画で、滝田洋二郎が監督を務め、第81回アカデミー賞外国語映画賞、及び日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。映画の主人公小林大悟は失業した後、意外に「NK」という会社で働いて、それから「おくりびと」としての生涯を始めた。評判の日本映画として、人間が注目されにくい分野――「葬式文化」と「死亡」に対して改めて認識することを呼びかけている。
本稿は、『おくりびと』についての先行研究をふまえて、日本の葬式文化を深く研究しようとする。葬式文化は地域や故人が生前に信仰していたによって多少の違いはあるものの、葬儀の流れには基本的なテンプレートがみられる。本論は、現在に広く行われている葬儀を研究対象として、日本の主な葬式種類とかかわる流れを明らかにする上に、『おくりびと』の中に描いた納棺細部と人物感情を合わせて、日本人の独特な死生観を考察する。それに基づいて、武士道精神と仏教信仰という二つの方面から日本人の死生観の形成原因を探究しようと試みる。
キーワード: 葬式文化 おくりびと 死生観
目  次
要  旨
はじめに    1
1、『おくりびと』について    1
1.1重要な内容    1
1.2 主な登場人物    2
2、『おくりびと』における日本の葬式文化の現れ    2
2.1葬式のプロセスと種類    3
2.2参加者のマナー    4
2.3葬式を行う場所    5
3、日本の葬式文化と死生観     5
3.1死生観とは    5
3.2葬式における死生観    6
3.3死生観の形成原因    7
終わりに    8
謝  辞
参考文献
 

上一篇:从电视剧《朝五晚九》看日本的僧侣文化[日语论文]
下一篇:从婚冠丧祭比较中日颜色文化[日语论文]
相关文章推荐: